手続き方法

学生を対象としたローンのことを学生ローンと呼びますが、20歳以上の大学生や専門学校生や短大生で安定した収入があれば利用することができます。この安定収入の基準が消費者金融よりも低く、週5日のフルタイム勤務でなく、週3、4日の短時間バイトでも安定収入と判断される場合が多いのが学生ローンの特徴です。

では、学生ローンはどのような手続きをとればよいのでしょうか。学生ローンの申し込みは、インターネットを使用しての申し込みが基本になっています。現住所や学校名、連絡先などの申し込みを正確に入力して伝えるといった理由もあるようです。インターネットから申し込みをすると、学生ローンの業者から電話がかかってきて審査が行われます。具体的には、アルバイトの内容や借入金の利用目的や返済のスケジュールなどが確認されますが、ここで審査に通ることができたら融資が行われます。

学生ローンは、審査に通過した後に指定の銀行口座に振り込まれます。その借りたお金の返済方法ですが、返済方法も銀行振り込みが一般的です。毎月の指定した日までに銀行に入金して、返済していかなくてはなりません。学生ローンの業者によっては現金書留や店頭での返済を受け付けするところもありますが、確たる証拠を得るためにも、銀行振り込みが一般的です。このような手続き方法で学生ローンが行われます。ここでは、学生ローンにはどんなものがあるのか、ということから、周囲にばれてしまわないだろうかといった不安まで解説します。